2019年度世論調査協会研究大会

(財)日本世論調査協会は下記の日程で2019年度研究大会を開催いたします。

※印刷用PDFはこちら

2019年(令和元年)
11月8日(金)
10:00~16:50
開催場所 同志社大学東京サテライトキャンパス(セミナー室)
東京都中央区京橋2-7-19京橋イーストビル3階
地下鉄銀座線京橋駅下車1分
有楽町線銀座一丁目駅、都営浅草線宝町駅
JR東京駅[八重洲南口]も利用可能)
※中央大学駿河台記念館から会場を変更しました。
お間違いのないようお越し下さい。
入場料 無料(会員外の方のご参加も可)
事前に事務局へお申し込み下さい。



開催時刻 研究大会プログラム
10:00~10:10 開会・会長挨拶
1) 研究報告
10:10~10:35 日本人の国民性第14次全国調査の設計と実施

前田忠彦(統計数理研究所)
朴 堯星
稲垣佑典
吉野諒三
加藤直子
芝井清久
10:35~11:00 国際比較調査における調査票(質問紙)の翻訳をめぐる諸問題とその解決の提案

真鍋一史(統計数理研究所)
11:00~11:25 アメリカ社会学における社会調査の動向に関する基礎的分析
—American Sociological Review(2013 年~2017 年)掲載論文を素材に—

尾藤央延(大阪大学大学院)
齋藤僚介
須永大智
狭間諒多朗
渡辺健太郎
11:25~11:50 Response rate trends in Japan: Examination of three governmental public
opinion surveys

Nicolaos E. Synodinos(ハワイ大学)/(故)山田茂(国士舘大学)
2) シンポジウム 「情勢調査はどこへ行くのか」
13:00~13:50 「選挙予測報道の岐路-情勢調査をめぐって-」

松本正生(埼玉大学社会調査研究センター所長)
13:50~15:00
1 参院選選挙情勢調査への携帯RDDの導入

持木 俊介(日経リサーチ)
2 自動音声応答通話による情勢調査

大隈 慎吾(毎日新聞社)
3 選挙情勢報道の持続可能性を高める「機械化」の取り組み

米重 克洋(JX通信社)
15:10~16:50 討論「情勢調査の未来を語る」

【司会】前田 直人(朝日新聞社)
【出席】
谷藤 悦史 (早稲田大学)
米重 克洋(JX通信社)
川崎 英輝(読売新聞社)
鬼木 浩文(毎日新聞社)
宿南 香樹(共同通信社)(敬称略)
17:15~19:15 懇親会
ビストロカツキ京橋店(会場ビル右の道進む・相鉄フレッサインビル1階)

(会費:4,000円)

詳細はこちらのPDFをご覧ください。

PAGE TOP ↑