回収率の社会的効能 / 松本 正生

   

巻頭言 松本 正生(埼玉大学)  日本社会の変容にともない、世論調査は困難な環境に包囲され、調査結果の精度(いわゆる回収率)は劣化を余儀なくされている。面接、電話、郵送など、手法をこえて世論調査は(社会から)対応を敬遠さ 続きへ

専門職としての責任 / 上村 修一

   

巻頭言 上村 修一(個人会員) 高校生など多数の命が失われた韓国のフェリー沈没事故は痛ましかった。乗客を置き去りにした船長は論外にしても、船が日常的に規定の3倍以上の積み荷で運航されていたのには驚いた。当初は過剰な積載を 続きへ

世論調査の相互確証 / 井芹 浩文

   

巻頭言 井芹 浩文(崇城大学) 世論調査への風当たりが強い。最近の批判の論点の一つは世論調査が報道機関によって操作されているのではないかということだ。調査の信頼性に対する疑問がその背景にある。その根拠の一つに同時期に発表 続きへ

PAGE TOP ↑