一寸法師の開き直り / 本多 良樹

   

巻頭言 本多 良樹(個人会員) この見開きのページには巻頭言と並んで協会の倫理綱領が毎号掲載されている。この倫理綱領は、住民票閲覧について全国の自治体宛協力依頼のパンフレットを送付したとき、掲載のためにとり急ぎまとめたも 続きへ

心の切り口を探る / 村上 征勝

   

巻頭言 村上 征勝(個人会員) 東洲斎写楽という浮世絵師が歴史に登場するのは、寛政6年(1794年)5月からわずか 10カ月の間である。写楽の足跡はそれ以前も以降も不明である。そのため、喜多川歌 麿、葛飾北斎、歌川豊国な 続きへ

PAGE TOP ↑